木下インターナショナル株式会社
 
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
 
 
sp
ホーム > ポルトガルワインについて
 
ポルトガルワイン基礎知識 ポルトガルワイン取扱店一覧 マデイラワインって
ポルトガルワインの歴史他 主要DOP ワイン生産地域とワイン生産者 ポルトガルの主要ブドウ品種
112
ヴィーニョ・ヴェルデ(ミーニョ地方)
ポルトガルの最北部大西洋寄りの広い地域で、その面積は全国の14%を占める。白ワインが70%を占め、酸の豊かな軽いワインを中心に、こくのある辛口の白ワインも生産している。
「緑のワイン」という意味のヴィーニョ・ヴェルデとは若々しさを表現したもので、酸が豊かでわずかに炭酸を含み、フレッシュな軽い風味が特徴。
★ヴィニョス ボルゲス 
Vinhos Borges
1884年に創業された歴史あるワインメーカー。高品質なデイリーワインから見事なヴィンテージポートまで、様々なワインを世に送り出しています。減農薬農法で葡萄を栽培、葡萄は全て手摘みで収穫、また同社の看板商品である「ガタオ」はスクリューキャップに変更するなど、常に挑戦し続けるポルトガル屈指のワイン生産者です。
ポルト&ドウロ(トラズ・オス・モンテス地方)
ドウロ川上流のポルトは世界最古の原産地呼称統制地区で世界遺産にも登録された、ポートワインの産地。ドウロは1982年にスティルワインの産地として認定。ポートとスティルワイン(ドウロ)の比率は4:6。
★キンタ・ド・コット Quinta do Côtto
12世紀のポルトガル建国以前から続く歴史あるワイナリー。ドウロのワインと言えば、ほとんどワイン誌などで真っ先に紹介されるのがキンタ・ド・コットのワイン。凝縮感を楽しめるその味わいは、まさにドウロを象徴する1本。品質を最優先に考え、自国の主要産業であるコルクの使用を止めてスクリューキャップを採用したことが、国外でも多くの話題を呼びました。
★ニーポート Niepoort
ニーポートは1842年創業の歴史あるポートメーカー。今では数少ない家族経営のメーカーであり、現当主ディルク・ニーポートは5代目にあたります。何よりも品質を重視するため、生産量はポートワイン全体の1%にも満たない小規模生産者ですが、彼の造るポートやドウロワインはジャンシス・ロビンソンをはじめ多くのワインジャーナリストに高評価を受けています。
タヴォーラ・ヴァローザ(ベイラス地方)
ダン地方の北部とドウロ地方との中間に位置し、海抜500〜800mの花崗岩土壌の畑でブドウが栽培されている。その豊かな酸味と果実味がスパークリングワインに適しているため、1989年にポルトガルで初めてスパークリングワインのDOとして設定された地域。
★ムルガニェイラ Murganheira
ムルガニェイラはポルトガルを代表するプレミアム・スパークリングワインメーカー。ポルトガルのレストランのワインリストにムルガニェイラの記載を見ないことは稀で、著名なポルトガルワインのガイドブック「VINHOS DE PORTUGAL」でも毎年Aクラスにランクされています。ドウロのニーポートと共に不動のクラスAを守り続けるムルガニェイラは、スパークリングワインでクラスAに評価される唯一のワイナリーで、正にポルトガル最高で孤高のスパークリングワイン生産者です。
ダン (ベイラス地方)
ポルトガル中央部よりやや北寄りを中心にダン川流域に広がる地域。重厚な赤ワインが約80%を占めている。白はブドウの風味を生かしたフレッシュで軽やかなものが多い。
★キンタ・ドス・ロケス Quinta dos Roques
「伝統と革新の見事なバランス」 キンタ・ドス・ロケスのワイン造りのテーマはここにあります。高級葡萄品種への植え替え、キンタ・ワイン(生産者元詰め)の製造、フレンチオークを使ったワイン造り等、新たなダンワイン造りへの挑戦は続いています。2007年インターナショナルワインチャレンジにおいては、ポルトガル赤ワイントロフィー、ダンワイントロフィーを受賞しました。
バイラーダ (ベイラス地方)
ダンの大西洋寄りに隣接した地域で主にバガ種から造られる赤ワインが80%。フレッシュな白ワインやエシュプマンテでも有名。
★ルイス・パト Luis Pato
1988年からロンドンのインターナショナルワインチャレンジのテイスターとして世界のワインを知る機会に恵まれたルイス・パトは、地域の伝統品種バガ(黒葡萄)の可能性を見出し、従来のバイラーダワインとは異なるアプローチで新たなワインを生み出しています。2004年にはジャンシス・ロビンソンによりヨーロッパのベスト25ワイナリーに選出されるなど、すでに世界で評価されている生産者です。
★フィリッパ・パト Filipa Pato
ダン、バイラーダを包含する地域「ベイラス・リージョン」の新進気鋭の女性若手ワインメーカー。大学を卒業後、旧世界、新世界においてワイン造りを経験し、2003年にファーストヴィンテージをリリース。既に各国のワイン雑誌でも取り上げられており、今後も目が離せない要注目の存在です。バイラーダの巨匠ルイス・パトの愛娘で、父親のワイン造りに学びつつも、父に頼ることなく自らのワインにかける情熱と信念をもって独自のワインを生み出しています。
アレンテージョ (アレンテージョ地方)
ポルトガル南部に位置しコルクとオリーブの一大産地。夏の暑さが厳しく少雨のため、濃密なワインが生まれる。世界品種の栽培も盛ん。
★ジョアン・ポルトガル・ラモス João Portugal Ramos
ポルトガル全土でスティルワインの品質向上が進む中、ジョアン・ポルトガル・ラモスはその先頭に立ち、ポルトガルワインの個性を追求したワインの数々を造り出しています。その実績はジャンシス・ロビンソンの著書「テイスト オブ ベスト ポルトガル テーブル ワイン」でも認められ、推奨されたポルトガル中・南部の66品目の中で25品目のワインメーカーとしてラモスの名前が記載されています。
マデイラ (マデイラ諸島)
「大西洋の真珠」と呼ばれるリゾート地。三大酒精強化ワインのひとつである「マデイラ」の産地。
★ヴィニョス バーベイト(マデイラ)
 Vinhos Barbeito (Madeira)
1946年にマリオ・バーベイトによって創立されたヴィニョス バーベイトは当社(木下インターナショナル)の資本参加以降、現社長のリカルド・フレイタスを筆頭に革新が始まりました。契約農家との密接な関係構築による高品質葡萄の供給、カラメルの使用中止、新ワイナリーの建設、最新設備の導入、絶滅危惧葡萄品種の復活など、最高品質のマデイラワインを造るための情熱が注がれています。
★ペレイラ・ドリヴェイラ(マデイラ)
 Pereira D’Oliveira (Madeira)
ジョアン・ペレイラ・ドリヴェイラにより、1850年に設立された歴史ある生産者で主要7生産者のうちのひとつに数えられます。ドリヴェイラ社は自社葡萄畑を所有する一方、島内約40軒の栽培農家から葡萄を購入してワインを造っています。 特にドリヴェイラ社は、社の創業年でもある1850年物のヴェルデーリョなど、他者にはない古いヴィンテージの他、マデイラ島では既に絶滅したとされるモスカテルや絶滅が危惧されているテランテス、バスタルドという品種のヴィンテージ物を多く所有することで知られています。
★ブランディーズ BLANDY’S
ブランディーズ社は1811年にブランディーズ家により設立された家族経営のマデイラワインメーカーで、2011年に創立200年を迎えました。 マデイラワインのリーディングカンパニーとしてイギリス市場での地位を確立し、2世紀に渡りファインワインの生産を続けています。リッチなスタイルが特徴で、世界中のワインコンペティションでもその品質の高さを認められています。
sp
▲PAGE TOP
hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation