ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > フランス / 自然派ワイン > パトリック・ボードアン 
パトリック・ボードアン ■コトー・デュ・レイヨンの
 闘士パトリック・ボードアン


URL : http://www.patrick-baudouin.com/
sp_jiff
品名・タイプ VT 容量(ml) 入数 参考小売(税抜)
アンジュ ブラン エフュジオン 2014 750 12 3,500円
アンジュ ルージュ コトー・ダルドネ 2010 750 12 3,200円
サヴニエール 2014 750 12 4,200円
マリア・ジュビー 2005 500 12 10,000円
sp_jiff
※参考小売価格は平成26年9月からの価格です。
※ヴィンテージは変更になる場合がございます。
sp
▲PAGE TOP

 コトー・デュ・レイヨンの闘士パトリック・ボードアン
25   25
 
パトリック・ボードアン氏
25
▲パトリック・ボードアン氏
25 パリで書店を経営していたパトリックが実家の葡萄園を引き継いだのは1990年。
以来、テロワールの特性をワインに表現することを目指し、独自の感性でビオロジー(無農薬・有機栽培)による葡萄造りを実践。1998年のVTにはコトー・デュ・レイヨン全体の評価が低い気象条件下、見事なセレクション・グラン・ノーブルを生み出した。
このワインはロバート・パーカーに高く評価されたが、本人はパーカーに評価されるためにワインを造っているわけでは無いときっぱり言い切る。ビオディナミ導入についても、彼自身が納得できない内容がある以上は盲目的に従う事を良しとしない。
そんな彼は天然甘口ワインに補糖を行うことに反対する団体「サプロス」を主導している。サプロスは名誉会長にCHディケムのリュー・サリュース氏を迎え、アルザスのマルセル・ダイスやソーテルヌのCHギローを始めフランスの著名な天然甘口ワイン生産者13社で構成され純正な天然甘口ワイン造りを提唱している。
甘口のレイヨン以外にも素晴らしいアンジュ・ヴィラージュやアンジュ・ブランを造る。
ロワール川の中州にあるレストランのオーナー ジェラール・ボッセ氏と共同でボッセ氏の所有する1haの葡萄園から見事なそして希少な辛口白ワイン「レ・ビュット・サン・ジェルマン・デ・プレ」を生み出す。




オーナー&ワインメーカー

パトリック・ボードアン
年間平均生産量 非公開 約1,850ケース(アンジュ ルージュ:800ケース、アンジュ ブラン:750ケース、コトー・デュ・レイヨン:VTにより大きく異なるが300ケースほど)
葡萄園面積 9.5ha(アンジュ ルージュ:2.5ha、アンジュ ブラン:4ha、コトー・デュ・レイヨン:3ha)
土壌 シスト(片岩)とグレの上に薄く石灰質層が重なる。
降雨量 600mm以下
葡萄成長期日照時間 1,800時間以上
栽培法 ビオロジー
栽培品種 シュナン・ブラン、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
平均樹齢 アンジュ赤品種:25年、アンジュ白品種:30年、レイヨン12年〜80年
仕立て 垂直仕立て(ゴブレに近い)
蜜植度 4700本/ha
ヘクタール当たりの生産量 アンジュ赤白3,000リットル/ha、レイヨン1,000リットル/ha
収穫方法 手摘み100%
圧搾機 水平型のバスラン
発酵槽 アンジュ ルージュ:グラスファイバー製のタンク、マロラクティック発酵はこのタンクか小樽で実施。
VTによって変わる。アンジュ ブラン、レイヨン:フレンチオークの小樽(225リットル)。
発酵期間 アンジュ ルージュ:収穫の10月〜11月まで。翌年の春先から夏に掛けてマロラクティック発酵。
アンジュ ブラン:収穫状況によって10月〜翌年の春、場合によっては夏まで続く。
レイヨン:収穫から翌年の夏、時には10月まで。
発酵温度 季節によって変化する。
使用酵母 天然酵母
マロラクティック発酵 アンジュ ルージュ:実施
アンジュ ブラン:VTや樽毎に実施若しくは不実施。
レイヨン:実施しないが部分的に意図的にではなくなる場合もある。
醸し発酵 アンジュ ルージュ:1ヶ月間。
熟成樽 225リットルの木樽
樽熟成期間 15ヶ月間
その他 葡萄畑から醸造まで、自然な手法でワイン造りを行う。1994年以降は一切の補糖を行っていない。培養酵母や一切の化学製品、温度コントロールまで行っていない。マロラクティック発酵も自然に任せており、時には翌年の6月に及ぶこともある。SO2の使用も最低必要量に限定している。それも白ワインの場合熱かった夏、酸度が低いときのような場合に最大限の注意を払って最少量を添加している。
フィルターも殆ど使用しない。ワインには濁りや澱がある。ある物が自然であり、農薬を使っていない自然な栽培法で造ったワインであれば健康にも良いと言える。工業製品の様な透明度を求めはしない。

25
コトー・デュ・レイヨンの自社畑(シュナンブラン種)
25
コトー・デュ・レイヨンの自社畑(シュナン・ブラン種)
貴腐化したシュナンブラン
25
▲貴腐化したシュナン・ブラン
1999年から使用するワインセラー
25
▲1999年から使用するワインセラー
コトー・デュ・レイヨン発酵熟成の新樽
25
▲コトー・デュ・レイヨン発酵熟成の新樽
 
25   25
sp
▲PAGE TOP
hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation