木下インターナショナル株式会社
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > ポルトガル / ポルトガルを代表するワイン > ニーポート > エト・カルタ ホワイト
ニーポート
sp_jiff
■日本限定リリース「エト・カルタ ホワイト」
ニーポートは世界の輸出先各国向けにベーシックレンジのワインを専用ラベルで出荷しています。 日本限定でリリースされているのは「エト・カルタ」。このキュートなラベルはベルリン在住のドローイング作家、清水麻紀さん(写真右)によるものです。
可愛いネズミが干支にまつわる12の動物のもとをニーポートのワインを携えて旅に出る様子がコミカルに描かれています。 また、ワイン名の「カルタ」はポルトガル語をルーツとする言葉。 日本とポルトガルのコラボレーションによってうまれた「エト・カルタ」をどうぞお楽しみ下さい!
清水さん
©Anja Müller
エトカルタのラベル

■清水麻紀さんによる各イラストについてのコメント
1.  Rat
 ねずみが野原を嬉しそうにワインを担いで足取りかるく歩いていきます。 なにか今日は楽しいことが起こる予感・・・
2.  Ox/Buffalo
 牧場で出会った牝牛とボトルをご一緒に。するとお乳からワインが。 グラスにためて、もう一度乾杯!
3.  Tiger
 獰猛なトラにご注意。素敵なボトルは、いざという時に例えばこんな用途もあります。
4.  Rabbit/Hare
 かわいい月ウサギと、餅つきの前にちょっと一杯いきますか。 あれ、杵ではなくて ワインの栓抜きをもった姿も板についていますね。
5.辰 Dragon
 竜だってこのワインを見せれば思いのまま。ちょっと空のお供をお願いします。
6. Snake
 『へびに睨まれた蛙』ではなく、『へびに睨まれたねずみ』。と思いきや、危機一髪。 蛇はおいしいワインのほうがお好き。すっかり丸呑みして、あれれ、体の模様に異変あり。
7. Horse
 馬が人参を好むのはよく知られていますが、ワインもいけます。 ちょっとそこまでひとっ走りお願いしたい時の上手な活用例。
8. Sheep/Goat
 すっかり酔っ払った羊の、ふかふかの羊毛と、素敵なカーブの角はお洒落なソファー。 ちょっとデラックスにリラックス。
9. Monkey
 ニホンザルといえば温泉。というのがヨーロッパでなぜか広く浸透している日本の定番 イメージのひとつです。温泉は日本人の心ですね。熱燗、ではなく赤ワインはいかがで しょう。悪くないでしょう?
10. Chicken/Rooster
 屋台で焼き鳥をつつきながら赤ワイン。というのもおつなものです。
11. Dog
 ミニチュアダックスフントの体型はワインボトルにジャストフィット!
12. Pig/Boar
 またボトルがすっからかんだ。うり坊の飲みっぷりには困ったもんだ。
 
エト・カルタ ホワイト
Eto Carta White

▼原産地管理呼称
ドウロ DOP
▼地域名
ドウロ
▼葡萄品種
コデガ、ラビガト、ゴウヴェイオ他
▼平均樹齢
20〜50年
▼土壌 
雲母片岩
▼収穫方法 
全て手摘み
▼収量
4000〜6000 本 / ha(植樹率)
▼醸造・熟成

樹齢20〜50年の多くの品種が混植されている。2011年はブドウの成長がとても早かったので、収穫は8月末と早めに開始。スキンコンタクトは無し。発酵はステンレスタンク75%、フレンチオーク樽25%。それぞれ7ヶ月間熟成。

▼味わい

レモン、桃、白い花のような爽やかな香り。心地よい酸味、ミネラル感がうまくマッチし、とてもバランスよく仕上がっている。

▼POSコード
5602840077072



hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation