木下インターナショナル株式会社
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > 日本 / 日本のワイン > シャトー酒折ワイナリー > ワイン / マスカットベリーA 樽熟成
sa
sp_jiff
マスカットベリーA 樽熟成 
Muscat Bailey A Barrel Aged 

▼地域名
山梨県甲府市
▼年間生産量
12,336本
▼葡萄品種
マスカットベリーA 100%
▼醸造・熟成
葡萄は甲府市と山梨市の葡萄を使用し、発酵前に回転型発酵タンクでコールドマセレーションを9日間行なったものが主だが、一部、ホーロータンクで直ちに発酵させた。酵母は両方ともピノノワールで定評のある、酵母 RB2 で発酵を行うことにした。回転型発酵タンクでの発酵温度は 18 〜25 度と赤ワインとしては低い温度で 20 日間、発酵させ、ホーロータンクは 26〜36 度と比較的高い温度で 5 日間で発酵を終了させた。そしてワインになった時点でこの 2 つのワインをステンレスタンクでブレンドし、MLF を自然誘発で行った。その後ワインはフレンチオークの旧樽で約 12 カ月熟成を行った。

※2013 年は 2012 年と同様、降雨の少ない年である。4 月の萌芽期には比較的降雨に恵まれ、5 月から 10 月中旬までは例年を下回る降水量で、多くの畑で病害の影響を受けることはなかった。しかし、夏場は記録的な気温上昇に見舞われたため、栽培面において果実は健全に熟するものの、酸の減少に注意を払う必要のあった、たぐいまれなヴィンテージであった。
[収穫日] 9月13日 
▼味わい
色調は透明度のあるルビー色。赤系果実の香りが、樽香は主張しすぎず穏やかでベリーA特有のキャンディー香は強く感じない。口に含むと若々しい酸味で土の香りを仄かに感じた後にチェリーやイチゴの果実味が繊細で細やかなタンニンとともにバランスよく感じられる。アフターもチェリーのフルーティ―さと繊細なタンニンが長く感じることができる。

肉料理全般に合うが、比較的タンニンが少なく、フルーティーな印象なので、すき焼きやとんかつなどのフライ料理、カマンベールなどのマイルドなチーズや、ピザ、トマトベースのパスタによく合う。また醤油との相性がよいため脂の乗ったマグロやサンマなどの魚料理とも相性が良い。
▼受賞歴/認証団体など
▼POSコード
4995815800036



hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation