木下インターナショナル株式会社
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > 日本 / 日本のワイン > シャトー酒折ワイナリー > ワイン / 甲州 バレル
sa
sp_jiff
甲州 バレル 
Koshu Barrel

▼地域名
山梨県甲府市
▼年間生産数
2,856本
▼葡萄品種
甲州 100%
▼葡萄栽培
i-vinesによる栽培
▼醸造・熟成
甲州バレルは繊細な甲州種の特性に樽の香味をいかにマッチさせ、ワインに芳醇な味わいを付与させることに注意しながら醸造しており、i-vinesが栽培する甲州種を樽発酵したワインとステンレスタンク発酵の後、樽熟成したワインのブレンドで仕上げている。2015 年はフレンチオークの樽発酵を 4 本行い、樽発酵に適した酵母D47 と、複雑で厚みをもたらす酵母 Harmony を使用している。発酵終了後一度澱引きし、再び樽熟成を行い、程よく樽香が付いた4 カ月目でステンレスタンクに移し替えた。また樽熟成のワインについては、果実香を引き出す酵母 VL-1 を使用し、ステンレスタンクで発酵させ翌年の 1 月から 5 カ月間、樽熟成を行った。そしてこれら二つのワインをブレンドを行い、ボトリングを行った。樽発酵と樽熟成の比率は1:2。

※2015 年を一言で表すと非常に不安定な年であった。3 月から 5 月にかけての気温は例年より高く、葡萄の生育が早まり、栽培家は葡萄の生育に即した作業を行うことが困難であった。また6月以降は降水量が例年と比べて多く、特に 7 月は過去 10 年間の中で 2番目に多い降水量であった。8 月に入ると猛暑日は少なく下旬には例年より涼しさを感じ、葡萄の色づきは早まった。そして 9 月に入ると秋雨、台風の影響でまとまった降水に見舞われた。そのためi-vinesの畑では通年より収穫時期を遅らせ少しでも熟した状態で収穫することにした。
[収穫日] 10月8日〜11日
▼味わい
色調は淡くオレンジの入ったイエローで、香りはトップに穏やかな樽由来のバニラ香が感じられ、柑橘などの果実香と白い花の香りが調和して感じられる。飲み口は果実の酸味とローストされた味わいと甲州種が持つ繊細なジューシー感が広がり、柔らかな渋みが余韻として残る。

樽の味わいを兼ね備えているので、オイル系のパスタや鶏肉、豚肉を使用した料理(香草焼き、水炊き、しゃぶしゃぶなど)にも合う。また、生ハムや燻製された料理、そして、てんぷらなど油を使用した料理にも合う。
▼受賞歴/認証団体など
▼POSコード
4995815101034


hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation