木下インターナショナル株式会社
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > 日本 / 日本のワイン > シャトー酒折ワイナリー > ワイン / Kisvin Koshu(キスヴィン 甲州) 
sa
sp_jiff
Kisvin(キスヴィン)
「Kisvin」とは、栽培家池川仁、荻原康弘を中心に醸造用ブドウ栽培技術の確立を目指し、品種のポテンシャルを如何に引出すかをテーマに、大学の研究者も参加するグループです。同時にこの試みは、ブドウ栽培の新しいスタイルとして、ワイン業界において農家が自立していくことをも意味します。
このワインは彼らの栽培する甲州種をシャトー酒折で2008年より手掛けているワインです。栽培面、醸造面ともに甲州種の持つ風味を引き出すことに注意を払った結果、これまでにない凝縮感が生まれ甲州種の新たな可能性を感じることのできるワインです。
sp_jiff
Kisvin Koshu (キスヴィン 甲州)
Kisvin Koshu

▼地域名
山梨県甲府市
▼年産本数
1,971本
▼葡萄品種
甲州 100%
▼葡萄栽培
Kisvinグループによる栽培
▼醸造・熟成
2012年は葡萄の熟度は上がったが減酸していたため補酸を行いました。プレスとフリーランの区別をせずに行いましたが、渋みはそれほど出ていなかったた めPVPPの添加を行わず、果汁の清澄を行いました。12月には軽い澱引きを行い細かい浮遊した澱のみで翌5月までシュルリーした後に新樽比率62%のフ レンチオーク樽で約10ヶ月の熟成を行いました。やや樽の風味が強く、果実味とのバランスが取れていなかったため樽に入れる前のキスヴィン甲州2013年 を20%ブレンドして風味のバランスを整えました。
▼味わい
色調は輝きのあるイエローで外観からも粘性を感じられる。香りはほどよい樽香が終始感じられ、空気と触れる事で白い花、ハチミツ、熟したパイン、金柑のコ ンポートなどの香りが感じられる。口に含むと樽の風味はそれほど感じられず、熟した洋ナシなどのジューシーでオイリーな果実感があり、軽快で柔らかな酸の 余韻が続きバランスの良いワインとなりました。豚肉や鶏肉など白系の肉料理(グリルや鍋料理でも)よく合うが、野菜や白身魚のてんぷらもよく合う。また、 ワインのオイリーな味わいが出汁を使った和風あんかけ料理にも合う。
▼受賞歴/認証団体など
★JWC入賞歴 2015年 奨励賞
★ジャパン・ワイン・チャレンジ 2010: 銅賞受賞 (2009年)
▼POSコード
4995815119138


hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation