木下インターナショナル株式会社
ホーム ポリシー 会社情報 生産者情報 商品カテゴリー ブログ お問合せ
ホーム > 日本 / 日本のワイン > シャトー酒折ワイナリー > ワイン / デラウェア
sa
sp_jiff
デラウェア
Delaware


▼地域名
山梨県甲府市
▼葡萄品種
デラウェア 100%
▼醸造・熟成
甲府地区の葡萄は生食用として栽培された完熟した果実も含まれていたため、一部を冷蔵倉庫で保管し、“青デラ”と一緒に搾汁した。穂坂地区の葡萄については熟度が異なるように 2 回に分けて収穫し、果実味とキレのある酸味を求め た。搾汁はフリーランとプレスに分けて、果皮から出てくるポリフェノールを取り除くために、プレスの果汁にはPVPPを添加した。そして翌日には澱引きを行い、フリーランとプレスのブレンドを行い果汁に複雑味をもたせ、糖度 20 度 まで補糖を行った。酵母はVL−1とQA23を使用することでトロピカルフルーツや柑橘類の香り引き出し、フレッシュでクリプスな味わいをもたらすことを考えた。発酵温度は15 度に設定し 5 日間〜7 日間の発酵を行った。(甲府のデラ ウエアについては“デラウエアにごり”として製造した為、このワインへのブレンドは6%となっている。)

2015 年を一言で表すと非常に不安定な年であった。3 月から 5月にかけての気温は例年より高く、葡萄の生育が早まり、栽培家は葡萄の生育に即した作業を行うことが困難であった。また 6月以降は降水量が例年と比べて多く、特に 7 月は過去 10 年間の中で 2 番目に多い降水量であった。このような状況の中、デラウエアについては多くの生産者が無核果にするためのジベレリン処理がうまくいかず“種あり”となり、本来生食用向けに出荷されるはずの葡萄も醸造用にせざるを得ない年であった。しかし、 そのことがワインにとっては例年とは異なる非常にジューシーな印象を与えることになった。
[収穫日]甲府地区:7月28日〜8月3日、8月9日 穂坂地区:8月13日、18日
▼味わい
色調は透明に近い黄色。香りはパイナップル、マンゴーなどのトロピカルフルーツや桃やバナナなどのジューシーな香りが感じられる。口に含むと熟した葡萄を食べている様な果実感のある甘味が広がり、余韻にはほどよい酸味がさっぱり感を与えバランスの取れたワインとなっている。

熟した果実が持つ甘味と酸味をそのまま感じることのできるワインなので、良く冷やしてワインだけで、またはアペリティフとしても楽しめるが、アウトドアでのバーベキューや焼き肉、焼きそば、お好み焼きなど気軽な料理とも相性が良い。
▼POSコード
4995815116137
hidarishita migisita
| ホーム | ポリシー | 会社情報 | 生産者情報 | 商品カテゴリー | ポルトガルinfo | ブログ | お問合せ |
Copyright©Kinoshita International Corporation